JEDEC、「GDDR5X SGRAM」の仕様書を公開

JEDEC Solid State Technology Association(以下:JEDEC)は21日(現地時間)、グラフィックスメモリ用の最新規格「GDDR5X SGRAM」の仕様書を公開しました。

103 GDDR5X NVIDIA

画像はHBM搭載の「Pascal」のもの

GDDR5X SGRAMは、多くの製品に広く採用されている「GDDR5」規格をベースに、メモリ帯域幅の向上およびシステムに搭載可能なメモリ容量の増大を実現した最新規格となります。

具体的には、GDDR5X規格は10〜14Gbpsという既存のGDDR5規格の2倍にも及ぶ広いメモリ帯域幅を実現させるほか、最大64GBものグラフィックスメモリを1枚のGPUに搭載可能にするとのことです。

103 GDDR5X AMD

同じく次世代グラフィックスメモリ規格としては「HBM2」の存在も知られていますが、HBM2は生産歩留まりが十分に高まっていないことが指摘されており、GDDR5XメモリはHBM2が十分に普及するまでの “繋ぎ役” となるか、あるいは普及後も製造コストを抑えたい製品群に採用され続けることが予想されます。

なお、米NVIDIAから年内にも発表される予定の次世代GPUファミリー「Pascal」にもGDDR5Xメモリが搭載される見込みであるほか(過去記事)、米AMDの「Arctic Islands」ファミリーへの採用も噂されていますが(過去記事)、GDDR5メモリとの互換性が確保されていることを見ても、普及はスムーズに進むことになりそうです。

[JEDEC via 4Gamer.net]

ソーシャルシェア

コメント投稿