ノキア製フィーチャーフォンの試作モデルの画像がリークされる

Phone Arenaは11日(現地時間)、ノキア製のフィーチャーフォンの画像が、新たにリークされたことを伝えています。

記事52.1

今回リークされた端末は、一見すると「Nokia」のロゴが背面部に刻印されたスマートフォンのように見受けられますが、正面部を捉えた画像に目を凝らしてみると、端末の下半分に物理キーボードが搭載されている様子が見て取れます。

背面下部にはこの端末がノキアによって製造された試作端末であることも明記されており、どうやらこの端末は今すぐ発表が予定されている類のものではない模様です。

記事52.2

目を凝らせば、携帯電話時代に見慣れた形状のキーボードの姿を確認できる

なお、この端末の詳細については不明ですが、ノキアが米マイクロソフトと交わした契約により、2024年までNokiaブランドを冠するフィーチャーフォンの製造および販売が禁止されている以上、少なくとも最近ノキアによって開発されたものである可能性は低そうに思われます。

一方で、近年のマイクロソフトはNokiaブランドを冠する低価格フィーチャーフォンを提供してきており、つい先日にもわずか55ドル(約6500円)という驚異的な低価格を実現した「Nokia 230」を発表したばかりです(過去記事)。しかしながら、仮に今回流出した端末がマイクロソフトから発表予定の新型モデルであるとすると、今度はノキアによって開発されていることの説明がつきません。

記事52.3

「Nokia 230」

現時点では、マイクロソフトに買収される前のノキアによって製作されていた試作機と考えるのが妥当なのかもしれませんが、「Nokia N1」という前例がある以上、これが他企業に対するブランド名のライセンス供与によって生み出された製品である可能性も否定し切れなそうです。

いずれにせよ、あらゆる面において情報が圧倒的に不足しているのだけは間違いなく、今後の続報が待ち望まれます。

[Weibo via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿