LG米国法人は27日(現地時間)、公式Twitterアカウント上に、韓国サムスンのフラッグシップモデル「Galaxy S6 edge」を揶揄する内容のツイートを投稿しました。

サムスンは今回、Galaxy S6 edgeの急速充電機能の優秀さをアピールする内容のツイートを投稿しましたが、それに対しLGは「LG V10」を例に挙げ、着脱式バッテリーを採用していれば充電の手間はそもそもかからないことを指摘するツイートを投稿しました。

この手の有力企業同士の小競り合いはもはや日常茶飯事でありあまり着目すべき点はないとも言えますが、「LGが公式に非着脱式バッテリーの採用をネガティブな要因として指摘した」というその事実は、裏を返せば今後のLG製スマートフォンのバッテリーは着脱式となることを示唆しているとも読み取れるのではないでしょうか。

現行フラッグシップモデル「LG G4」の大きな利点としてバッテリーが着脱式であることが挙げられます。2月下旬の登場が噂されている後継モデルにおいても引き続き着脱式のバッテリーが採用される可能性が指摘されていますが(過去記事)、今回のLGのツイートを深読みするのであれば、「LG G5」にもその利点が継承されることに期待しても良さそうです。

[Twitter via Phone Arena]