ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)、2016年4月1日付で社名変更へ

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は26日(日本時間)、2016年4月1日付で社名をソニー・インタラクティブエンタテインメントへと変更することを発表しました。

106 SCE logo

プレスリリースによると、SCEおよびソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナル(SNEI)の保有するあらゆるハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、ネットワークサービスの各事業組織の運営を統合した新会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC.(SIE)の設立に伴い、来る4月1日付けでSCEの社名が変更されるとのことです。

SIEを新設する目的として、「両者の保有する経営資源を統合することによりハードウェア、ソフトウェア、コンテンツおよびネットワークビジネスの分野における競争力を強化し、市場におけるリーダーシップの確立を目指す」ことに加え、「市場の変化とユーザーからの期待により迅速に応えることで、『プレイステーション』ブランドの下にインタラクティブなエンタテインメント体験の提供を実現する」ことが挙げられています。

「PlayStation 4」の記録的な売り上げやPSNの継続的な普及に伴い、同社の提供する各種サービスの基盤は順調に拡大しつつある一方で、「日々進化を遂げるそれぞれの市場環境に追随するためには、SCEとSNEIが一丸となった一元的なビジネスの運営が必要不可欠」という判断に基づいた決定ということのようです。

106 SNEI logo

そのほか今回、SIEが実現を目指す具体的な数値目標として、2017年度のソニーグループにおけるゲームおよびネットワークサービス分野で売上高1兆4000億〜1兆6000億円、ならびに営業利益率5〜6%の達成が掲げられました。

なお、SIEの社長は引き続きアンドリュー・ハウス氏が務めるほか、同社の本拠は米カリフォルニアに置かれるものの、東京および英ロンドンにも引き続きグローバル規模で事業運営を遂行する事業組織が設置される模様です。

[ソニー[1][2] via AV Watch]

コメント投稿