エイサー、ゲーマー向け8インチAndroidタブレット「Predator 8 GT-810」の国内発売を発表

日本エイサーは10日(日本時間)、ゲーマー向けAndroidタブレット「Predator 8 GT-810」を、2月19日より国内市場でも発売することを発表しました。

22 Acer Predator 8 GT-810

「Predator ColorBlast」と呼ばれるAcerの独自技術とガラスと液晶の間に空気層を存在させないギャップレス構造により、ディスプレイの色再現性はNTSC比100%を実現。

さらに「Predator TacSense」と呼ばれる独自の「触角フィードバック」機能に加え、端末の四隅それぞれに配置されている上下2対の大型ステレオスピーカーが生み出すヴァーチャルサラウンドにより、ゲームプレイ時の没入感を高めることが謳われています。

22 Acer Predator 8 GT-810_2

以下はPredator 8 GT-810の主なスペック。

OSAndroid 5.1 Lollipop
ディスプレイ8.0インチ WUXGA(1920×1200)IPSディスプレイ
SoCIntel 1.6GHz駆動 64-bit クアッドコア Atom x7-Z8700
RAM2GB
ストレージ32GB
メインカメラ約500万画素
フロントカメラ約200万画素
バッテリー4550mAh
外形寸法218(W) × 127(D) × 8.7(H) mm
本体重量350g

また、専用スタイラスペンに限らず、芯先2mmの鉛筆などでもスケッチを可能とするほど高精度なタッチスクリーンを搭載している点も、このタブレット端末の大きな魅力となります。

Predator 8 GT-810は昨年11月に海外市場向けモデルの販売が開始されていましたが、ついに国内市場でも発売されることとなりました。なお、価格はオープンプライスで、2月19日に発売される予定です。

[エイサー[1][2] via エルミタージュ秋葉原]

ソーシャルシェア

コメント投稿