エプソン、有機ELディスプレイ搭載スマートグラス「MOVERIO BT-300」を今秋発売へ

セイコーエプソン株式会社は23日(日本時間)、同社製スマートグラスの第3世代モデルとなる「MOVERIO BT-300」を発表しました。

84 MOVERIO BT-300

最新世代モデルとなるBT-300は、光学エンジンに同社製の0.43インチ超小型高精細有機ELディスプレイを採用した点を最大の特徴としています。

この独自開発の有機ELディスプレイにスマートグラス向けの最適化を施したことにより、光学レンズの小型化を含めたより一層の軽量化が可能となり、前世代モデル比でおよそ20%の軽量化を実現したとのことです。

また、有機ELディスプレイの誇る高輝度・高コントラストは、従来モデルよりもさらにスクリーン感を意識させない自然な映像描写を可能にしていることも強調されています。

84 MOVERIO BT-300 demo image_184 MOVERIO BT-300 demo image_2

先代モデル(左)と比較して、より自然な映像表示を実現する新型モデル(右)

従来モデル同様、開発者に対してはソフトウェア開発キット(SDK)が提供されるほか、一般ユーザー向けのアプリダウンロードサイト「MOVERIO Apps Market」も引き続き公開されるとのことです。

以下は、BT-300の主なスペック。

OSAndroid 5.1 Lollipop
ディスプレイ0.43インチ HD(1280×720)有機ELディスプレイ
SoCIntel 1.44GHz駆動 クアッドコア Atom 5
メインカメラ約500万画素
ワイヤレスBluetooth Smart Ready
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
センサーGPS / 地磁気 / 加速度 / ジャイロ
UIトラックパッド & キー

なお、製品化の時期は2016年秋頃とされており、具体的な時期や販売価格などについては明らかにされませんでした。

[セイコーエプソン via エルミタージュ秋葉原]

ソーシャルシェア

コメント投稿