「Galaxy A9 Pro」のスペック情報が新たに発見される

GSMArenaは6日(現地時間)、GFXBenchベンチマークのデータベース上に、「Galaxy A9 Pro」のスペック情報が新たに登録されていたことが判明したと伝えています。

9 Galaxy A9

画像は「Galaxy A9」のもの

昨年末、韓国サムスンのミッドレンジ級スマートフォン「Galaxy A」シリーズの最上位モデルとして「Galaxy A9」が発表されましたが(過去記事)、さらにその上位版としてGalaxy A9 Proなる端末が開発されているようです。(過去記事)。

GSMArenaによると、今回GFXBenchのデータベース上に「Galaxy A9 Pro(SM-A9100)」という名称の端末のスペック情報が発見されたとのことです。なお、先日には「SM-A9100」という型番が与えられたサムスン製の未発表端末が試験目的でインドに輸入されたことが判明しています。

9 Galaxy A9 Pro spec sheet

新たに発見された「Galaxy A9 Pro」のスペック情報

発見されたデータを見る限りでは、Galaxy A9とA9 Proとの主な相違点としては、前者のディスプレイサイズが6.0インチだったのに対し、後者においては5.5インチへと小型化している点に加え、RAM容量とメインカメラの画素数がそれぞれ4GBと約1600万画素に強化されている点が挙げられます。

そのほか、OSに関しても前者が「Android 5.1.1 Lollipop」を採用していたのに対し、後者においては最新の「Android 6.0.1 Marshmallow」が実装されている模様です。

なお、SoCについては両モデル共通で「Snapdragon 652」を搭載していると見られ、全体的な処理性能において両モデル間で顕著な差異は生じないことが予想されます。また、現時点ではGalaxy A9 Proの発表時期に関する有力な情報は伝えられておらず、続報に期待したいところです。

[GFXBench via GSMArena]

ソーシャルシェア

コメント投稿