ノキアCEO、2016年内に「スマートフォン事業再参入」の実現を示唆 ―MWC 2016

CNETは21日(現地時間)、ノキアCEOのラジーブ・スリ氏が現在スペインで開催中のMWC 2016において、同社が2016年内にスマートフォン事業への再参入を果たす予定であることを明らかにしたと報じています。

76 Nokia headquarter

既に過去にも同社がスマートフォン事業への再参入を計画していることは公式に示唆されてきましたが、“モバイル端末の祭典” とも言えるMWC 2016の場において今回、スリ氏は改めて年内に再参入が果たされる見通しであることを明言したとのことです。

なお今回、具体的なスケジュールは存在していないほか、計画が急進的に進められていないことが強調されており、あくまでも2016年後半に予定されているという漠然とした情報だけが明らかにされた形となります。

一方で、米マイクロソフトによるモバイル事業買収の際に締結された契約により、2016年第4四半期を迎えるまではノキアがスマートフォン事業を “再興” させることが不可能であることを踏まえると、2016年10月よりも早い時期に再参入が果たされる可能性はほぼ皆無と見ていいはずです。

76 Nokia CEO Rajeev Suri

ラジーブ・スリ氏

また復活を果たした場合にも、以前のように開発から製造までをノキアが行うのではなく、設計とブランド名のライセンス提供を行い、製造は選定したパートナーが担当する形を採ることが、昨年にスリ氏の口から明らかにされています(過去記事[1][2])。

今回改めてスマートフォン事業への再参入を予告したノキアの狙いがどこにあるのかは分かりませんが、早ければ年内にも新生ノキアとして初となるスマートフォンにお目にかかることができそうです。

[CNET via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿