米パナソニック、4.7インチタフネスWindowsスマホ「Toughpad FZ-F1」を今秋発売へ

米パナソニックは22日(現地時間)、「Windows 10 IoT Mobile Enterprise」を搭載する4.7インチタフネススマートフォン「Toughpad FZ-F1」を、今秋より発売すると発表しました。

85 Toughpad FZ-N1

画像は「Toughpad FZ-N1」

Toughpad FZ-F1は、既に国内において発表されている法人向けタフネスAndroidスマートフォン「Toughpad FZ-N1」の兄弟端末です。OS以外両モデルのスペックは共通となっています。

FZ-N1同様にこの端末も堅牢性を最大の特徴としており、1.8mの高さからの落下試験や連続2000回もの1.0m落下試験を突破。IP65およびIP67相当の防水防塵性能が付与されているほか、強固な液晶保護素材によりディスプレイも高い耐久性を獲得しました。

以下は、Toughpad FZ-F1の主なスペック。

OSWindows 10 IoT Mobile Enterprise
ディスプレイ4.7インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoCQualcomm 2.3GHz駆動 32-bit クアッドコア Snapdragon 801
RAM2GB
ストレージ16GB
メインカメラ約800万画素
フロントカメラ約500万画素
ネットワーク2G / 3G / 4G LTE通信
ワイヤレスBluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー3200mAh
その他micorSDカードスロット
外形寸法156(W) × 74(D) × 16.3~31(H) mm
本体重量約275g

Toughpad FZ-F1は、騒音環境下でもクリアな音声による通話を可能にするノイズサプレッサー機能や大音量のツインスピーカーを搭載しているほか、レーザ照準式のバーコードリーダーを実装するなど、その優れた機能性により多様な条件下で広く活躍できるとしています。

なお残念ながら、兄弟端末のFZ-N1とは異なり、現時点で国内市場における発売予定については発表されていません。

[パナソニック via PC Watch / パナソニック]

コメント投稿