「Polaris」ファミリー、2016年中頃に登場へ ―AMD幹部が明言

米AMDの次世代GPUファミリー「Polaris」が、2016年中頃に発表される予定であることを同社幹部がTwitter上で明らかにしました。

143 AMD Polaris announcement

AMD幹部のロバート・ハロック氏が、自身のTwitterアカウント上に寄せられた次世代GPU製品の登場時期に関する質問に対して、「Polarisは2016年中頃に登場する」との回答を示しました。

ハロック氏の発言および過去に伝えられた情報を踏まえると、2016年中頃というのは6月ないし7月頃を指しているものと推察されますが、6月頃の発表は俗に言うところの “ペーパーローンチ” となり、実際に製品が市場に出回り始めるのはしばらく先のこととなるようです。

また今回、Polarisファミリーの中でも、ハイエンド向けGPUコアとなる「Polaris 11」のトランジスタ数は、現行フラッグシップGPUコア「Fiji」と同等のおよそ89億個となる可能性も指摘されました。

143 unknown PC by AMD with Fury X2

AMD製「Radeon R9 Fury X2」搭載PCとされる端末の画像

一方で、Polaris 11のダイサイズはFijiのおよそ40%程度に相当する232mm²になる可能性も示唆されていますが、Polarisファミリーが最新の「14nm FinFET」プロセスで製造されることを差し引いても、Fijiの2.48倍という高密度でトランジスタを集積させられるかは微妙なラインにあるように思われます。

なお、VideoCardz.comによると、3月中旬の開幕が予定されているゲーム開発者向けカンファレンス「Game Developers Conference 2016」において、AMDの最新デュアルGPUカード「Radeon R9 Fury X2」を搭載するPC製品が発表される見込みとのことです。

一方、AMD最大のライバルとなる米NVIDIAからは、次世代GPUファミリー「Pascal」が2016年6月初旬に開催されるCOMPUTEX TAIPEI 2016においてペーパーローンチされる可能性が指摘されています。

[Twitter via VideoCardz.com via 北森瓦版]

ソーシャルシェア

コメント投稿