モトローラ、5つの新型ウェアラブルデバイスを発表 ―犬用「スマート首輪」も

モトローラは18日(現地時間)、ウェアラブルデバイスの新ブランド「VerveLife」の下に提供される5つの新型デバイスを発表しました。

65 Motorola VERVR CAM

「Verve Cam」

既に今年1月上旬に開催されたCES 2016においてVerveLifeシリーズの存在は明らかにされていましたが、同社は今回、実際の製品に関する情報を公開しました。 発表された5つの新製品のうち、最も珍しいと言えるのは犬用の「スマート首輪」となる「Verve Retrieve」でしょうか。

この製品にはGPS機能とセルラー通信機能が実装されており、常に愛犬の位置を確認することができます。 また、IP67相当の防水加工が施されているほか、設定された区域外へと愛犬が移動した場合に飼い主に対して警告を通知する機能も実装されているとのことです。そのほか、バッテリー寿命はおよそ3年程度とされています。

65 Motorola VERVE Loop+ and RIDER+

「Verve Loop+」(左)と「Verve Rider+」(右)

そして独特の形状をした「Verve Cam」は、2.5K解像度の動画を最大30fpsのフレームレートで撮影可能なアクションカメラです。用意されている各種アタッチメントを利用することで、簡単に各種機器に搭載することが可能となります。

また、撮影した映像を編集、ストリーミング配信するためのソフトウェアや、簡単に共有するためのツールなども提供されるとのことです。

65 Motorola VERVE ONES+

「Verve Ones+」

「Verve Loop+」と「Verve Rider+」についてはごく一般的な形状のフィットネス向けワイヤレスイヤホンであり、特筆すべき点は少ないように思われますが、「Verve Ones+」に関しては同じワイヤレスイヤホンではあるものの、完全なワイヤレス化を実現しています。

円筒状の専用充電器とセットで提供される同デバイスは耳栓のように両耳に装着する形で使用することができ、この筐体の小ささにもかかわらず最大12時間のバッテリーライフを実現している模様です。ちょうど同社が2014年に発売した耳栓型Bluetoothヘッドセット「Moto Hint」の後継モデルといったところでしょうか。

なお、モトローラによると、上述した5製品のさらなる詳細についてはMWC 2016を通じて開示する予定とのことです。

[Phandroid via Phone Arena]

コメント投稿