アップル、イマジネーションテクノロジーズの買収を計画 ―GPUの自社開発を目指す?

Ars Technica UKは22日(現地時間)、消息筋の話として米アップルが英イマジネーションテクノロジーズの買収を計画していることを伝えています。

82 Pac-Man eats apples

Ars Technica UKによると、この情報の真偽に関してイマジネーションテクノロジーズに確認を取ったところ、明確な否定の言葉は得られなかったとのことです。

一方で、アップルはロンドン証券取引所に対して送付した短い声明の中で、両者の間で協議が行われていることを事実と認めつつも、現時点では買収を行う計画が存在しないことを明らかにしました。

なお、イマジネーションテクノロジーズは「PowerVR」シリーズというGPU製品で知られる企業であり、アップルが自社開発を行うiOSデバイス向けのSoCシリーズにはPowerVRシリーズが長らく採用されてきた実績があります。

82 Imagination Technologies logo

アップルは2008年に米国のファブレス半導体企業P.A. Semiを買収し、2012年に発表した「A6」プロセッサにおいて、英ARM製のCPU製品から自社開発CPUへの切り替えを果たしており、最新の「A9」シリーズまでの数年間で着実にその評価を高め続けてきました。

既にアップルは2009年の時点でイマジネーションテクノロジーズの株式のおよそ9.5%を取得するに至っていることなども含め、今回の報道にあるように買収を計画するだけの条件と理由は揃っているようにも思われます。「現時点では」というアップルの物言いにも含みがあるように感じられますが、今後の両者の動向には大いに注目したいところです。

[Ars Technica UK via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿