アップル、「iOS 9.3」の提供を再開へ ―不具合を修正

Engadgetは25日(現地時間)、一部iOSデバイスに対する提供が一時的に停止されていた「iOS 9.3」の提供が、再開されたことを伝えています。

iOS 9.3 logo with iPhone

iOS 9.3は、「iPhone 5s」および「iPad Air」以前のiPhoneまたはiPadにおいて、端末のアクティベーション(初期起動プロセス)画面から抜け出せなくなる不具合の発生が報告され、つい昨日配信が一時的に停止されたばかりでしたが(過去記事)、早くも不具合に修正が施された改善版の提供が再開されました。

この不具合は、上述のiOSデバイスにiOS 9.3を導入した際に求められるApple IDの入力を間違えた場合に発生するほか、あるいはそもそもApple IDを忘れてしまったユーザーも、端末を起動させることが実質的に不可能となります。

なお、この不具合により “文鎮化” してしまった端末も、iTunesを介して改善版iOS 9.3をインストールすることにより、端末を復活させることが可能とのことです。

[Engadget via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿