SoC別の「Galaxy S7」ベンチマーク結果が登場、Snapdragon 820とExynos 8を比較

Phone Arenaは10日(現地時間)、搭載SoCの異なる2機種の「Galaxy S7」を用いて測定された比較ベンチマークテスト結果を公開しました。

12 Galaxy S7 two versions

Galaxy S7および「Galaxy S7 edge」においては、それぞれ「Snapdragon 820」と「Exynos 8 Octa 8890」を搭載する2モデルが存在していますが、今回Phone Arenaは両機種を用いて各種ベンチマークテストを実行しました。

公開された結果を見る限りでは、まさに一進一退と言ったところでしょうか。モバイルデバイスにおける最も代表的なベンチマークソフトの1つであるAnTuTuにおいては、Snapdragon 820搭載モデルが僅差で勝利を収めています。

また、同じく代表的なベンチマークソフトGeekbenchにおいて、シングルコア性能についてはSnapdragon 820搭載モデル、マルチコア性能に関してはExynos 8 Octa 8890搭載モデルにそれぞれ軍配が上がりました。

12 Galaxy S7s benchmark results

一方で、GPU性能に関してはSnapdragon 820の方が高い性能を示しましたが、全項目において両者間のスコア差はどれも決定的なものではなく、少なくとも実使用上のパフォーマンス差はほとんど感じられないレベルにあると判断しても良さそうに思われます。

搭載SoCの差がもたらす各種パフォーマンスに対する影響の詳細については、実際に端末を入手したユーザーによる比較レビューなどに期待したいところです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿