NTTドコモ、340Mbpsのデータ通信に成功 ―6月から実用化か

NTTドコモは2日、2016年2月24日に3.5GHz帯のTDD方式とFDD方式のキャリアアグリゲーション通信実験を行い、340Mbpsを越えるデータ受信に成功したと発表しました。この実験は千葉県のフィールド試験実施基地局で行われたもの。

148 docomo

受信通信速度の計測結果

同社が提供している1.7GHz帯と1.5GHz帯LTEは受信時最大150Mbpsとしてサービスを行っていますが、今回の実験において倍以上の受信速度を実現したことになります。

また、今年6月に既存のLTEを受信時最大370Mbpsへの高速化を目指すと発表しており、順調に行けばLTEの通信速度が一つ上のステージへ進化しそうです。

LTE通信の高速化は喜ばしいニュースではありますが、LTEを使った大容量の通信にはキャリアが定めるデータ使用量の上限や通信制限の問題もあるため、データ使用に関する緩和も待ち望まれます。

[NTTドコモ]

ソーシャルシェア

著者

ドンカム

国内ニュースをメインに執筆してきます!

コメント投稿