サムスン、「Galaxy A9 Pro」を中国市場で販売開始 ―5000mAhのバッテリー搭載

韓国サムスンは30日(現地時間)、同社の提供するハイエンドスマートフォン「Galaxy A」シリーズの最上位モデルとして、「Galaxy A9 Pro」を発表しました。

150 Galaxy A9

画像は「Galaxy A9」のもの

昨年12月下旬、Galaxy A9シリーズにおける最上位モデルとして「Galaxy A9」が発表されましたが(過去記事)、Galaxy A9 Proの登場により王座が明け渡されることとなりました。

以下は、Galaxy A9 Proの主なスペック。

OSAndroid 6.0.1 Marshmallow
ディスプレイ6.0インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoCQualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 652
RAM4GB
ストレージ32GB
メインカメラ約1600万画素
フロントカメラ約800万画素
バッテリー5000mAh
その他指紋認証機能
microSDカードスロット

Galaxy A9との最大の違いとしては、RAM容量が3GBから4GB、バッテリー容量が4000mAhから5000mAhに増量されたほか、メインカメラの画素数が約1300万画素から約1600万画素へと強化された点が挙げられます。

また、OSについても現行最新バージョンとなる「Android 6.0.1 Marshmallow」に変更された一方で、搭載されるSoCやディスプレイには一切変更が加えられませんでした。

なお、既に中国市場において発表と同時に発売されており、販売価格は3599人民元(約6万3000円)に設定されています。そのほか、FCCやTENAA上に登録されていた画像を見る限りでは、端末のデザインはGalaxy A9とほぼ同一となっている模様です。

[MyDrivers via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿