世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は25日(日本時間)、韓国サムスンからの発表が噂されている「Galaxy S7 Active」に、「Poseidon(ポセイドン)」という開発コードネームが与えられている模様と伝えています。

ブラス氏は先日、「Galaxy S6 Active(SM-G890A)」と酷似するモデルナンバーを持つ未発表端末「SM-G891A」が、インドの輸出入情報サイトのデータベース上に登録されていたことを伝えており、同端末がGalaxy S7 Activeとして登場する可能性を指摘していました(過去記事)。

ポセイドンと言えばギリシャ神話における海の神として有名ですが、優れた防塵防水性能と耐衝撃性能を実現すると目されるGalaxy S7 Actvieのコードネームには、実に相応しいように思われます。また、水を連想させる単語がごまんと存在する中で、敢えて海の神であるポセイドンの名が冠された点に着目すれば、Galaxy S7 Activeにおいては真水のみならず海水中での使用も可能になるのかもしれません。

112 Galaxy S6 Active

既に「Galaxy S7」シリーズにおいて、Galaxy S6 Activeと同等となるIP68相当の防塵防水性能が実現されてしまっていることを踏まえると、海水への対応はさらに高度な防水性を示す分かりやすい指標であると言えます。

現時点では発表時期や詳細なスペックなどは判明していませんが、過去にGalaxy S6 Actvieが「Galaxy S6」シリーズの発表からおよそ3ヶ月後に登場した事実を踏まえれば(過去記事)、数ヶ月後の発表に期待できそうです。

[Twitter]