Exynos搭載版「Galaxy S7」、性能テストでSnapdragon搭載モデルを上回る

PhoneBuffは24日(現地時間)、それぞれ「Snapdragon 820」と「Exynos 8 Octa 8890」を搭載する「Galaxy S7」のパフォーマンス比較テストの様子を、YouTube上に公開しました。

111 Snapdragon vs Exynos

今回PhoneBuffが実施したテストの内容は、それぞれの端末上で計14個のアプリを1つずつ順に起動と終了を行い、14個目のアプリを終了させた時点で経過した時間を記録するものとなります。テストではこの工程を2度繰り返し、1周目と2周目終了時点のタイムを計測しています。

PhoneBuffによると、Exynos 8 Octa 8890搭載モデルの方が1週目において約9秒ほど早くテスト工程を終了させ、最終的な記録においては約38秒もSnapdragon 820を上回ったとのことです。

実生活上で上述したテスト工程におけるパフォーマンスが求められる可能性は非常に低くはありますが、少なくとも両モデルの間にアプリの起動および終了プロセスの実行処理速度に差が存在することは、間違いなさそうに思われます。

一方で、今回のテストはあくまでも起動と終了の処理にのみ焦点を当てたものであり、「1つのアプリを一定時間以上利用する」という、より現実的な状況におけるパフォーマンスを量る上では参考にはならなそうです。

今回のテスト結果だけをもって両モデル間の優劣を語ることはできません。グラフィック処理性能においてはSnapdragon 820に軍配が上がるとされているように、それぞれに得手不得手が存在しているのかもしれません。

[YouTubevia Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿