HTCの未発表ハイエンド端末「HTC 10」のリークが連日続いていますが、今日は4色のカラー展開である可能性を示す画像がリークされました。

htc-10-4 htc-10-3 htc-10-2 htc-10-1

今回、リーク情報でお馴染みのupleaks氏からリークされたのは、HTC 10のホワイト・グレー・シルバー・ゴールドの4色。プレス向けの画像とみられており、HTC 10が金属製の質感を持った端末であることが見て取れます。画像が荒いために白とシルバーの違いがわかりにくいですが、前面パネルが白・黒の違いだけである可能性もあります。

なお、噂されている発売日は4月19日。Galaxy S7の発売時期と真っ向勝負といった形で、噂されるアップルの新端末 iPhone SEとも対峙することになりそうです。

その他のスペックは従来の噂通りであり、驚異的な性能を発揮するSnapdragon 820を中核として、GPUにはAdreno 530。メインメモリは4GBと豪華な仕様です。その他、USB Type-Cの充電端子、1,200万画素 Ultra Pixel対応カメラ、5.15インチの2560×1440ドット(WQHD)表示に対応したディスプレイなどが伝えられています。

昨日の記事と被ってしまうところですが、ホームボタンに指紋認証センサーが内蔵されており、それにともなって戻るキーと履歴キーが画面外(非オンスクリーンキー)の仕様に変更されました。

個人的にはグレーと表現している「黒」モデルの発色が、iPhoneシリーズのものよりも濃くて、以前のiPhone 5を彷彿とさせるだけに注目しています。スペックとしてはGalaxy S7に十分に匹敵するものであると思われるので、あとはHTCというブランドがどこまで通用するかといった点や、実際のフィット感、防水機能を重視するか否かといった要素が消費者訴求のキーポイントになるかもしれません。

[Slashgear]