犬の気持ちがリアルタイムに分かる「INUPATHY」、クラウドファンディングを開始

イヌパシーは8日、Indiegogoにて犬用ウェアラブルデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」のクラウドファンディングを開始したと発表しました。

inupathy

INUPATHYはハーネス型のデバイスで、ベルト部分に心拍センサーを内蔵。検出された信号をリアルタイムに背中のLEDランプへ伝え、色と光で犬の気持を表示します。

以前、GGSOKUでもお伝えした「しらせるアム」(過去記事)と異なる点として、しらせるアムはペットの行動状態を「人工知能型解析サーバー」を用いて分析することで、ペットの状態を飼い主に伝える「行動分析」の製品でしたが、「INUPATHY」は心拍変動解析を元にした「生体情報」を用いています。

今回開始したクラウドファンディングでは、日本からも149.99ドル(約1万6900円)で「INUPATHY」の購入が可能です。実際の精度など気になる点は残りますが、「ペットの気持ちが知りたい」というペット愛好家の願いを叶えてくれるのか期待されます。

[PR TIME via Indiegogo]

著者

ドンカム

国内ニュースをメインに執筆してきます!

コメント投稿