多数のiOSユーザーに1970年から謎の電子メールが届く

英テレグラフ紙の電子版によると、iPhoneおよびiPadの一部ユーザーに対して、1970年1月1日から謎の空メールが届く現象が発生しているということです。奇しくも、電子メール開発者として知られるレイ・トムリンソン氏が米国時間の5日に74歳で死去したばかりであり、タイミングも重なってちょっとした話題になっているようです。

CcukXYEW0AAyE39

具体的には、iOS内蔵のメールアプリに送信者不明・内容無し・送信日時1970年1月1日のメールが突然届くというもの。iOSのバグとみられており、異なるタイムゾーンから送信されたメールを受信した際に発生する模様です。

日付をみるとピンと来る方も多いと思われますが、1970年1月1日といえばUNIX時間の基準日。同日午前0時0分0秒を基準として、そこから経過した秒数を取得することで、UNIX・Linuxを対象とした多くのソフトウェアは日時を扱いやすくしています。

今回のバグに気づいたRedditユーザーによると、今現在は約14.5億秒であり、64bit命令を扱えるiOS端末上においてバイナリ形式で日付データを格納する際に問題を起こしているものと推察されています(iOSの場合、不適切な値の場合0とするためにUNIX時間になる)。

なお、この症状が発生した場合はタスク上からメールアプリを終了し、Appleロゴが表示されるまで電源とホームボタンを同時押しする「端末リセット」を行うことで、奇妙なメールを削除することができるということです。

UNIX時間をめぐる問題として、32bit端末における2038年問題などが有名ですが、iOSでは頻繁に日付関連のバグを引き起こしており、タイムリーな話題だけに今回はTwitterなどのSNSを賑わせているようです。

[9to5Mac][Twitter]

ソーシャルシェア

著者

管理人

管理人

サイト管理と記事の執筆を担当しています。ガジェットなら何でも食べる雑食。メーカーや技術方式にこだわらず、いろいろな製品をタッチ&トライ!

コメント投稿

Latest Posts