カカクコム、通信事業者のサービス別評価ランキングを発表

カカクコムは4日、同社が運営する価格.comにおいて、サイト利用者へのアンケートを元に調査した「スマホ・インターネットの利用実態調査2016」を発表しました。

kakakucom

「格安SIM・携帯キャリア・プロバイダ満足度ランキング 2016」結果概要

その中でも、月額料金・つながりやすさ・項目別の満足度分布などを総合的に評価した「格安SIM・携帯キャリア・プロバイダ満足度ランキング 2016」では、大手携帯キャリア部門でNTTドコモが1位となっており、2位がKDDI、3位がソフトバンクという結果になっていることが分かりました。

NTTドコモとKDDIは、光ファイバー部門でもランクインしていますが、ソフトバンクが提供している「SoftBank 光」はランクインしておらず、ADSL部門でソフトバンクグループ2社がランクイン。モバイルWi-Fiルーター部門では、大手携帯キャリア部門3位のソフトバンクが1位となっています。

また、多くの企業が参入している格安SIM部門では、ケイ・オプティコムが提供する「mineo」が1位となっており、コストパフォーマンスや余ったデータ使用量を翌月に持ち越せる点と、繋がりやすさも評価されています。

インターネット回線を当たり前に利用する現在において、価格は非常に大事な部分ですが、速度・安定性・付加サービスなど、様々な要素を総合して通信事業者を選択して行きたいところです。

[カカクコム[1][2]]

コメント投稿