KDDI、自動更新と2年縛りを見直しか ―社長がインタビューで発言

フジサンケイビジネスアイは11日、KDDIの田中孝司社長へのインタビューで、同社が携帯電話の自動更新廃止と2年縛りを見直す方針であると報じました。

au logo

携帯電話キャリアは、総務省から携帯料金の見直しをはじめ契約の自動更新についても見直しを求められており、各社は消極的な態度を示していました。

しかし、社会問題ともなりつつある問題に各社が重い腰を上げ始めたのか、NTTドコモは2年契約の料金プランや割引サービスの解約料金が発生しない月の拡大を発表しています(過去記事)。KDDIはさらに抜本的な改善に踏み切るものと思われます。

NTTドコモとソフトバンクが追随するかは不明ですが、KDDIが率先することで自動更新と2年縛りの問題が改善に進むことを期待したいところです。

[フジサンケイビジネスアイ]

ソーシャルシェア

著者

ドンカム

国内ニュースをメインに執筆してきます!

コメント投稿

Latest Posts