サムスン、「Galaxy S7 Active」の投入を計画か

世界的な情報筋として名を馳せるエヴァン・ブラス氏は23日(日本時間)、韓国サムスンが米AT&Tのキャリア独占モデルとして、「Galaxy S7 Active」の投入を計画している可能性を指摘しています。

ブラス氏によると、今回インドの輸出入情報を扱うWebサイトZaubaのデータベース上に、「SM-G891A」というモデルナンバーのサムスン製端末の存在が確認されたとのことです。

昨年6月にAT&Tのキャリア独占モデルとして発表された「Galaxy S6 Active」(過去記事)の型番が「SM-G890A」であったことを踏まえると、SM-G891AがGalaxy S7 Activeとして登場する可能性は高いように思われます。

なおGalaxy S6 Activeは、IP68相当の防塵防水性能と優れた耐衝撃性能を誇る堅牢な筐体に加え、通常モデルをほぼ1000mAhも上回る3500mAhの大容量バッテリーを搭載する点を最大のアドバンテージとしていました。

94 Galaxy S6 Active

画像は「Galaxy S6 Active」のもの

しかしながら「Galaxy S7」シリーズにおいてIP68相当の防塵防水性能は実現されてしまったため、大きな利点の1つが失われた形となります。Galaxy S7 Activeにおいてはどのようにして通常モデルとの差別化が図られることとなるのでしょうか。

少なくともGalaxy S7と同等以上の防塵防水性能の実現に加え、耐衝撃性に秀でたタフネス仕様の筐体と3000mAh以上の容量を誇るバッテリーが採用されることはほぼ確実と思われます。

また、Zaubaに登録されていたデータによると、SM-G891Aは現在サンプル品を試験している段階にあるとのことで、実際に発表されるのはまだしばらく先のこととなりそうです。

[Twitter]

ソーシャルシェア

コメント投稿