「Galaxy S7」シリーズ、発売から2日間で10万台以上の販売を達成した模様 ―韓国市場

Yonhap Newsは13日(現地時間)、韓国サムスンの最新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」が、韓国市場において発売から2日間で10万台以上を販売されたことを報じています。

26 Galaxy S7 and S7 edge

業界データによると、発売初日に当たる土曜日には6万台、2日目となる日曜日には4万台を売り上げており、そのうちGalaxy S7 edgeが占める割合は全体のおよそ40%に達したとのことです。

この数字は、先代モデル「Galaxy S6」シリーズが同市場において記録した販売ペースとほぼ同等であるとされており、今後このペースが加速していくのか、はたまた減速していくのかについては大きな注目が集まります。

なお先日には、ヨーロッパ市場においてはGalaxy S7 edgeの方がより高い人気を誇っていることが同社オランダ法人より明らかにされましたが(過去記事)、どうやらお膝元である韓国市場においてはよりコンパクトな兄弟モデルの方が人気を博している模様です。

[Yonhap News via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿