ソフトバンク、「おうち割 でんきセット」の割引を増額 ―電力自由化前に他社を牽制か

ソフトバンクは14日、2016年4月1日から提供を予定している「ソフトバンクでんき」の携帯電話割引プラン「おうち割 でんきセット」の「スタンダードS/L/X」プランにおいて、月額100円の割引から月額200円の割引に増額すると発表しました。

softbank dennki

同時にTポイントの付与額も増額。1年間の継続利用が前提ですが、電気料金1000円につき5ポイント付与されるTポイントに加え、600ポイントを年最大2回まで付与するとのことです。

電力自由化を巡っては、KDDIも参入し「auでんき(過去記事)」や「ケーブルプラスでんき(過去記事)」の提供を予定。auでんきの割引プランはキャッシュバック制となっており、通常は最大5%のキャッシュバックですが、関西圏では最大12%のキャッシュバックを受けることが可能です。

携帯電話と光回線のセット割は数千円の割引があることから大きな注目を集め、実際に利用している方も多いと思いますが、電気料金とのセット割は割引額も小さく、手続きの手間を考えればパッとしない印象があります。

今後、電力自由化のシェアを獲得しようと、大規模な割引プランを引っさげた企業が参入し、利用者メリットの大きいサービスが増えることを期待します。

[ソフトバンク]

ソーシャルシェア

コメント投稿