ソニー、ブルーレイディスクレコーダー4機種を発売 ―UIを一新

ソニーは8日、ブルーレイディスクレコーダー4機種を、4月30日に発売すると発表しました。

BDZ-ZT2000

製品仕様は以下のとおりです。

型名BDZ-ZT2000BDZ-ZT1000BDZ-ZW1000BDZ-ZW500
内蔵HDD2TB1TB500GB
デジタルハイビジョンチューナー各3各2
入出力端子HDMI出力:1系統、コンポジット映像入力:1系統、ステレオ音声入力:1系統、USB:2系統(前面×1/背面 USB3.0×1)、LAN端子:1系統(10BASE-T/100BASE-TX)
消費電力27W25W
年間消費電力量約24.5kWh/年約24kWh/年
待機時消費電力0.04W ※スタンバイモード「低消費待機」、HDMI機器制御「切」、BS/CSデジタルアンテナ出力「切」時
外形寸法(幅×高さ×奥行き)(mm)約430.7×43.9×208.6
質量約2.9kg約2.7kg

本製品では、快適な操作を追求してUIが一新され、4Kブラビアと連携した「4Kブラビアモード」が新搭載されています。

sony_3

快適操作を追求したということで、録画・視聴するといった必要な機能のみを画面に表示させたシンプルなUIとなっています。

sony_2

番組表のUIも刷新し番組の一覧性を向上。番組表は同社が提供するPlayStation向けのテレビアプリケーション「torne」のUIとも似ていることから、ノウハウの蓄積によって生み出された答えとも見て取れます。

4Kブラビアモードについては、録画番組の内容や画質情報を同製品内で調整し、4Kブラビアでより高繊細な4K画質を実現する「アップコンバート」に対応。他メーカーの4Kテレビでも利用できる「4Kアップコンバート」も搭載しています。

最近ではテレビにHDDを接続することで録画が可能な製品も一般的となり、ブルーレイディスクレコーダーの需要に陰りが見えてきたといっても過言ではありません。

本製品の市場想定価格は5万円~8万3000円。決して安くはないものの、どの程度支持されるのか注目されます。

[SONY]

ソーシャルシェア

コメント投稿