STYLE-D、高性能リチウムイオンバッテリー「OZ」を初お披露目

株式会社STYLE-Dは2日、同社が発表した電気自動車「Piana」に搭載されている高性能リチウムイオンバッテリー「OZ」を、第14回国際オートアフターマーケットEXPO2016に出展すると発表しました。

147 oz

OZは既存の鉛電池やリチウムバッテリーに比べ軽量で、サイクル寿命が長いことが特徴。開発は、ソニーでリチウムイオン電池の開発を率いた小澤氏がCTOを務める東通工株式会社が手がけ、OZはリチウムイオン電池の生みの親による集大成とも言えます。

147 piana

OZを搭載した電気自動車 Pianaは2人乗りとコンパクトな電気自動車ではありますが、5分の充電で最大120Km走行できるバッテリー性能を実現しており、OZの性能を十分に発揮した電気自動車となりそうです。

急速充電が可能なことや振動・落下に対しても安全性があることから、スマートフォンへの転用も期待されます。

[STYLE-D via @press]

著者

ドンカム

国内ニュースをメインに執筆してきます!

コメント投稿

Latest Posts