GSMArenaは25日(現地時間)、ソニー台湾法人が、先日リークされた「Xperia X Premium」の情報がフェイクであることを公式に認めたと伝えています。

124 Xperia X Performance

画像は「Xperia X Performance」

先日、1300nitsという高輝度と10-bitの色深度(10億7000万色)を誇り、世界で初めてHDRビデオ再生に対応する新型ディスプレイを搭載するというXperia X Premiumなる端末の存在がリークされ、多くの人々の関心を集めていました(過去記事)。

GSMArenaによると、ソニーの台湾法人は今回、そのリーク情報が真実ではないことを明言したとのことです。

しかしながら、今回明確に否定されたのはリーク情報の内容についてであり、Xperia X Premiumの存在自体が否定された訳ではありません。

毎年9月にドイツで開催されているIFAにおいて、最新フラッグシップモデルを発表してきた近年のソニーの実績を踏まえるに、Xperia X Performanceよりもさらに上に位置する新型端末が発表される可能性には、大いに期待を寄せたいところです。

[ePrice via GSMArena]