爱应用は2日(現地時間)、「iPhone 7」シリーズに搭載されるデュアルカメラモジュールの画像が、新たに多数リークされたことを伝えています。

19 iPhone 6s Plus and iPhone 7 camera module comparison

新たにリークされた画像の中には、次世代iPhoneシリーズ向けのデュアルカメラモジュールとされる部品と、「iPhone 6s Plus」に搭載されているカメラモジュールとの比較画像も存在していました。

画像を見る限り、デュアルカメラモジュールはiPhone 6s Plusのシングルカメラモジュールの少なくとも2倍程度の大きさとなり、また左右のモジュールにおいても、搭載するレンズおよびモジュール自体の大きさが異なっているように見受けられます。

19 iPhone 6s Plus and iPhone 7 camera module comparison_2

現時点ではデュアルカメラモジュールのスペックなどについて詳細は判明していませんが、一方がメインカメラとなり、もう一方がより広角なレンズを搭載するサブカメラとなる可能性も、過去には指摘されています。また、左右それぞれのモジュールが独立して駆動し、動画と静止画の同時撮影も可能となる模様です。

世界的に名を馳せるアナリストのミンチー・クオ氏は今年1月、両モジュールともに約1200万画素のイメージセンサーと光学式手ぶれ補正機構(OIS)のほか、2~3倍の光学ズーム機能が搭載される可能性を示唆(過去記事)。「iPhone 7 Plus」のみデュアルカメラ構造を採用する見込みと伝えています。

19 leaked iPhone 7 dual camera rear

右モジュールの方がやや大きい様子

デュアルカメラ構造と言えば、韓国LGの最新フラッグシップスマートフォン「LG G5」の存在が記憶に新しいですが、既に数日後には「Huawei P9」も発表される見通しとされています。

Huawei P9のデュアルカメラが実現する機能は、iPhone 7において実装される機能を予測する上では重要な意味を持つため、4月6日の正式発表には大いに注目したいところです。

[爱应用 via GSMDome]