「Galaxy C7」のスペックとベンチマークがリーク ―AnTuTuで6万点超えを記録

世界的な情報筋のスティーブ・ヘミストーファー氏は19日(日本時間)、韓国サムスンの未発表端末「Galaxy C7」のスペックおよびベンチマークスコアが、新たにリークされたことを伝えています。

79 alleged Galaxy C7 benchmark result

AnTuTuベンチマークのデータベース上に、新たに「SM-C7000」という型番の未発表端末のデータが登録されていたことが判明しました。

データを見る限りでは、SM-C7000は、「Snapdragon 625」とサイズ不詳のフルHD(1920×1080)ディスプレイに加え、「Android 6.0.1 Marshmallow」を搭載するミッドレンジモデルとなる模様です。また、メインおよびフロントカメラの画素数は、それぞれ1600万画素と800万画素とされています。

一方で、AnTuTuベンチマークテストにおいては、6万140点を記録。「Galaxy S7」シリーズや「LG G5」などのフラッグシップモデルからはさすがに見劣りするものの、ミッドレンジモデルとしては十分に及第点と言えるスコアと言えそうです。

79 alleged Galaxy C7 spec sheet

なお、先日には「Galaxy C5(SM-C5000)」のスペックとベンチマークもリークされましたが(過去記事)、同端末は5.2インチディスプレイと「Snapdragon 617」に加え、4GBのRAMを搭載するミッドレンジモデルとして登場する見込みとされています。

Galaxy Cシリーズは、中国市場向けモデルとして開発されている一方で、実際には各国市場で発売される可能性が高い模様です。

[Weibo via Twitter]

ソーシャルシェア

コメント投稿