Obi Worldphone、新型ローエンドスマホ「MV1」を5月に英国で発売へ

Ars Technicaは28日(現地時間)、米国のスタートアップ企業Obi Worldphone製の新型ローエンドスマートフォン「MV1」が、英国市場において5月中に発売されることを伝えています。

150 Obi Worldphone MV1

Obi Worldphoneは、かつて米アップルにてCEOを勤め上げたジョン・スカリー氏を含む数名によって共同創立された新興企業です。既に昨夏には、「SF1」および「SJ1.5」という2機種のAndroidスマートフォンを発表しています(過去記事)。

同社製端末のデザインはかつてアップルのデザイン部門においてトップに君臨していたロバート・ブルーナー氏が手掛けているとのことですが、このMV1もその例外ではありません。SF1と同様に輪郭部分だけ浮き出たような奇抜な造形のディスプレイと、マット調のパールホワイトで彩られた筐体とが特徴的に映えます。

150 Obi Worldphone MV1_2

以下は、MV1の主なスペック。

OSCyanogen 12.1.1(※Android 5.1 Lollipopベース)
ディスプレイ5.0インチ HD(1280×720)IPS液晶ディスプレイ
SoCQualcomm 1.3GHz駆動 32-bit クアッドコア Snapdragon 212
RAM1 / 2GB
ストレージ16GB
メインカメラ約800万画素 OmniVision OV8865(LEDフラッシュ)
フロントカメラ約200万画素
ネットワークBluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 b/g/n
ワイヤレス2G / 3G / 4G LTE / VoLTE
バッテリー2,500mAh
その他microSDカードスロット(最大64GB)
デュアルSIM機能
外形寸法145.6(W) × 72.6(D) × 8.95(H) mm
本体重量149g

スペックを見る限りでは、Android OSベースのカスタムOS「Cyanogen 12.1.1」を搭載している点を除き、至って平凡なローエンドモデルとなる模様です。NFC通信機能も非搭載ではありますが、将来的にObi Worldphoneから登場する端末には、同機能が実装される予定であることも明らかにされました。

なお、MV1は英国市場において5月中の発売が予定されており、販売価格はおよそ120英ポンド(約1万9000円)になるとのことです。

[Ars Technica / Obi Worldphone]

ソーシャルシェア

コメント投稿