サムスン、世界最大手POS端末企業10社とパートナーシップを形成

韓国サムスンは19日(現地時間)、同社の提供するモバイル決済サービス「Samsung Pay」に関して、POS(point-of-sale)端末製造大手10社との間で、新規パートナーシップを形成したことを発表しました。

85 Samsung Pay

サムスンによると、このパートナーシップにより、Samsung Payのユーザーエクスペリエンス(UX)および普及率のさらなる向上を実現させるとのことです。

既に同サービスは韓国および米国市場にてサービス提供が開始されているほか、近日中に英国およびスペイン市場においても正式にサービスインする可能性が指摘されています(過去記事)。

市場に広く普及するPOS端末の大半との互換性を大きな利点として強調してきたSamsung Payですが、今回のパートナーシップ形成からは、モバイル決済サービス分野におけるシェア増大に対する同社の意欲の強さが窺い知れるように思われます。

[サムスン via SamMobile]

ソーシャルシェア

コメント投稿