Xbox部門代表、近い将来に「Xbox 1.5」が登場する可能性を否定

GameSpotは1日(現地時間)、米マイクロソフトでXbox部門の代表を務めるフィル・スペンサー氏によって、現時点でアップグレード版「Xbox One」の登場は予定されていないことが明かされたと伝えています。

12 Xbox One logo

3月30日から4月1日にかけて米国で開催されていたBuild 2016において、スペンサー氏は「PlayStation 4.5(あるいは4K)」とも称されるアップグレード版「PlayStation 4」の噂について言及し、同氏がソニーの計画に関して一切内部情報を把握していないことを明言しました。

一方でスペンサー氏は今回、同社について言えば、スペックを強化した新型ゲームコンソールを近い将来に提供する計画は存在していないことを明らかにしており、「Xbox 1.5」とも呼ばれる新型Xbox One登場の噂を否定しています。

さらに同氏が語ったところによると、いずれ新型Xbox Oneを発表する際には、“substantial change(大きな変化)” を伴った端末として登場することとなり、また「1.5」のような中途半端な数字は採用しない予定とのことです。

残念ながら、少なくとも近い将来にはXbox Oneの新型モデルが登場することはなさそうですが、仮に新型PlayStation 4が発売され高い人気を勝ち得たならば、マイクロソフトもいよいよ静観していられなくなるやもしれません。

[GameSpot via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿