「Android 6.0 Marshmallow」、プラットフォーム内シェア率は10%にも満たず

GSMArenaは4日(現地時間)、米グーグルが開発者向けに公開した最新情報により、「Android 6.0 Marshmallow」のプラットフォーム内シェア率が、7.5%を突破したことが判明したと伝えています。

29 Android OS share rate

先月公開された資料において、Android Marshmallowのシェア率は4.6%とされていましたが、およそ一月を経て、その数字は約63%の増加を見せました。それに伴ってか、「Android Lollipop」および「Android KitKat」のシェア率は、ともに若干の下落を記録しています。

一方で先日には、お世辞にも世代交代が順調に進んでいるとは言えないAndroid OSとの差を見せつけるように、米アップルは「iOS 9」のプラットフォーム内シェア率が84%を突破したことを公式に明らかにしています(過去記事)。

なお、グーグルの取り組みも空しくシェア率が10%に達することもないままに、早くも次期OS「Android N」の発表が目前に迫りつつありますが、はたしてAndroid OSの抱える最大の問題の1つでもある「OSバージョンの断片化」が解消される日は来るのでしょうか。

[Google via GSMArena]

ソーシャルシェア

コメント投稿