Garmin、アナログ腕時計「vivomove」を発表 ―フィットネストラッキング機能搭載

米Garminは4日(現地時間)、フィットネストラッキング機能を搭載する新型アナログ腕時計「vivomove」を発表しました。

30 Garming vivomove

vivomoveは、アナログ式の腕時計のような外観を持つスマートウォッチではなく、どちらかと言えばスマートウォッチのような機能を持ったアナログ腕時計になります。盤面上に赤と黒2つのメーターを搭載しており、その2つのメーターを介して内蔵センサーが計測した歩数や睡眠の質などに関するデータを表示することが可能とのことです。

あくまでもアナログ腕時計であるため、液晶ディスプレイと汎用プロセッサなどを搭載するスマートウォッチのように多彩な機能やアプリを実行することはできませんが、代わりに最大1年間という長いバッテリーライフを実現しています。

また、5気圧の防水機能を有しており、50m地点に水没させても機能に支障をきたさない程度の防水性を実現しているほか、手頃な価格の専用交換バンドも用意。さらには、「Apple Watch」と同じく、素材とデザインの異なる3モデル構成となることも明らかにされました。

販売価格については、最廉価モデル「Sport」が149.99ドル(約1万6000円)、標準モデル「Classic」が199.99ドル(約2万1000円)、最高級モデル「Premium」については299.99ドル(約3万2000円)となり、既にGarmingの公式オンラインストア上において先行予約の受付が開始されています。

[Garmin[1][2] via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿