グーグル、米デトロイト近郊に「自動運転車」の研究開発施設を建造へ ―年内操業開始の予定

米グーグルは25日(現地時間)、米国の自動車産業における中心地でありミシガン州最大の都市としても知られているデトロイト近郊に、新たに自動運転車の研究開発施設を建造すると発表しました。

129 Google construct new facility in nearby Detroit

グーグルによると、この施設は5万3000平方フィート(約4920平方メートル)という広大な敷地面積を有しており、現地企業を通じて自動車の研究開発における最上級の人材と協力しながら、自動運転車の開発が進められることになるとのことです。

また、この新施設における最初の大きな達成目標の1つとして、米クライスラーの誇る高性能ミニバン「Pacifica Hybrid」をベースとした自動運転車を完成させることが挙げられています。

なお、同施設は年内にも操業が開始される予定です。

[Google+ via Android Authority]

ソーシャルシェア

コメント投稿