「Galaxy Note6」、256GBストレージと4200mAhバッテリーを搭載か

GizmoChinaは2日(現地時間)、韓国サムスンの次世代フラッグシップファブレット「Galaxy Note6」のスペックについて、新たな情報を入手したことを伝えています。

22 Galaxy Note5

画像は「Galaxy Note5」

GizmoChinaによると、Galaxy Note6には、最大256GBのストレージや4200mAhの大容量バッテリーに加え、米クアルコム製の未発表SoC「Snapdragon 823」と6GBのRAM、および5.8インチディスプレイが搭載される見込みとのことです。

また、IP68相当の防塵防水機能が実装されるほか、「デュアルエッジスクリーン」を採用するモデルと、平面ディスプレイを採用するモデルの2機種が存在するとしています。

つい数日前には「USB Type-C」ポートや赤外線照射式のオートフォーカス技術が新たに採用される可能性も指摘されており(過去記事[1][2])、さらに今回ストレージとバッテリーの容量に関する情報がリークされたことにより、過去のリーク情報と併せて、Galaxy Note6の主なスペックに関する情報は概ね出揃った感もあります。

なお、Galaxy Note6は正式版「Android N」を搭載する最新端末として、早ければ7月中旬にも発売される見込みです(過去記事)。

[GizmoChina via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿