「iPhone 7」の図面がリーク、6sとほぼ同じ外形寸法に

NoWhereElseは9日(現地時間)、今秋の発表が期待されている「iPhone 7」の図面を、新たに入手したことを伝えています。

49 leaked iPhone 7 sketch

世界的な情報筋のスティーブ・ヘミストーファー氏は今回、新たに入手したiPhone 7の図面をNoWhereElse上に公開しました。

画像を見る限りでは、背面部のメインカメラには噂されていたデュアルカメラモジュールではなく、歴代シリーズと同じシングルカメラモジュールが搭載されていますが、現行シリーズよりも大型化しているように見受けられます。また、モジュールの配置もやや左上隅に近い位置へと変更されています。

なお、図面に記載されている情報によると、iPhone 7の外形寸法は138.30(W) × 67.12(D) mmとなり、「iPhone 6s」とほとんど同一の寸法になるとのこと。端末の厚みについてヘミストーファー氏は、6.1mmまたは7.1mmになる見込みとしています。

現時点ではこの画像が本物であるという確証は存在せず、iPhoneシリーズ関連の情報は、しばしば短い期間の間に二転三転とすることを踏まえると、今回の情報も話半分に受け止めておいた方が良さそうです。

[NoWhereElse via Twitter]

ソーシャルシェア

コメント投稿