「iPhone 7 / 7 Plus」の図面がリーク、外形寸法も判明

MyDriversは27日(現地時間)、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の図面がリークされたことを伝えています。

140 iPhone 7 schematic

リークされた図面により、iPhone 7およびiPhone 7 Plusの外形寸法が判明。前者は「138.3(W) × 67.1(D) × 7.2(H) mm」、後者は「158.2(W) × 77.9(D) × 7.3(H) mm」になるとのことです。

仮にこの図面が本物であるとすれば、iPhone 7の厚みが0.1mm増している点を除き、iPhone 7シリーズと「iPhone 6s」シリーズは、完全に同一の外形寸法に仕上げられていることになります。

140 iPhone 7 Plus schematic

その一方で、iPhone 7のメインカメラがやや大型化しているほか、カメラモジュールの配置もやや左に寄っていることがわかります。またiPhone 7 Plusについては、デュアルカメラモジュールが採用されるなど、幾つかの明確な変更も確認されました。

[MyDrivers via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿