Windows 10 Mobile向け「Redstone 2」のアップデート内容がリーク

NPUは27日(現地時間)、米マイクロソフトから来春頃の提供が噂されている次々期大型アップデート「Redstone 2」において、新たに「Windows 10 Mobile」に追加される要素の一部が判明したことを伝えています。

146 Windows 10 Anniversary Update

NPUによると、Redstone 2においてWindows 10 Mobileは、新たにホームスクリーンをランドスケープモードで表示することが可能になるほか、ウィジェットのように操作可能なライブタイルとして、多くのユーザから長年に渡り実装が望まれてきた「Interactive Tiles」がついに実装される見込みとのことです。

また、NPUは今回、マルチウィンドウおよび画面分割機能も新たに導入される可能性を指摘。「Android N」が同機能をネイティブにサポートしたことにより、マイクロソフトもWindows 10 Mobileへの実装を真剣に検討し始めたとされていますが、5.0インチ未満の端末では利用不可能となることが予測されています。

そのほか、Windows 10搭載PCとWindows 10 Moibleスマートフォン間において、シームレスなアプリ内データの連携を可能にする “アプリローミング” 機能や、Windows 10搭載PCを介して電話を掛けることを可能にする機能などは、今夏中の提供が予告されている次期大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update(Redstone 1)」において実現される見通しでしたが、実際にはRedstone 2において実装されるとのこと。

なお、Redstone 1とRedstone 2は、それぞれ2016年6~7月中と2017年3~4月にかけて正式に提供が開始される見込みであり、前者に関しては主にUIの改善と機能の追加、後者においてはユーザビリティの追及を含む全体的な洗練に注力されている模様です。

[NPU]

コメント投稿