「Surface Phone」のスペックがリーク、8GB RAMと500GBストレージを搭載か

MobiPickerは29日(現地時間)、米マイクロソフトから2017年に発表される見通しの「Surface Phone」について、スペックおよび登場時期に関する情報がリークされたことを伝えています。

149 Surface Phone concept render_1

MobiPickerによると、Surface PhoneにはRAMおよびストレージ容量の異なる3モデルが用意され、RAM容量は少ない順に4GB、6GB、8GBとなり、それぞれ64GB、256GBおよび500GBのストレージが組み合わされる見込みとのことです。

また、全モデル共通で米クアルコムの次世代フラッグシップSoC「Snapdragon 830」が採用されている模様ですが、この点については過去にリークされた情報とも合致しています。

なお、Surface Phoneは、2017年第1四半期中にも発表され、6000人民元(約10万1000円)程度の価格設定の下に発売される見込みです。

つい先日には、スマートフォン事業の縮小計画を発表したばかりのマイクロソフトですが(過去記事)、他社との差別化を図れる分野に注力し、プラットフォーム全体の革新を追求し続ける中で端末の開発も継続されることが明言されています。

現時点までに、スマートフォン向けの8GB LPDDR4メモリや500GBストレージは未だに発表されていませんが、Surface Phoneの登場までの残りおよそ1年間の間に、発表されることになるのでしょうか。

[MobiPicker]

ソーシャルシェア

コメント投稿