「OnePlus 3」、FCCの認証を正式に通過 ―正式発表まで秒読みか

Times Newsは28日(現地時間)、中国OnePlusの次世代フラッグシップスマートフォン「OnePlus 3」が、FCCの認証を正式に通過したことを報じています。

144 OnePlus 3 official photo_1

TENAAのデータベース上に登録されていた「OnePlus 3」の画像

今回、FCCのデータベース上に「OnePlus A3000」と「OnePlus A3003」という2機種の未発表端末の存在が確認されました。

公開されている資料によると、OnePlus 3は2G、3Gおよび4G LTE(FDD-LTE)通信やBluetooth通信に対応しているほか、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac規格をサポート。Andorid OSベースのカスタムOS「OxygenOS 3.1.0」を実装し、バッテリー容量は3000mAhになるとのことです。

同機種は、つい数日前には中国においてTENAAの認証を通過していたことが報じられており、少なくとも2モデル存在するうちの1モデルについては、主なスペックも判明しています(過去記事)。

144 OnePlus 3 official photo_2

また今回、OnePlus 3の外形寸法および本体重量について、それぞれ「151(W) × 74(D) × 7.0(H) mm」と158.75gとなることが確認されました。しかしながら、先日TENAAのデータベース上に公開されていたデータにおいては、それぞれ「152.6(W) × 74.6(D) × 7.3 (H) mm」と160gと記載されており、2つの異なる情報が示される形となりました。

なお、OnePlus 3は、VR(ヴァーチャルリアリティ)を利用した特殊な発表イベントを通じ、6月14日にも正式発表される見通しです(過去記事)。

[Times News via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿