薄型Xbox One、E3 2016で発表か ―2017年にはXbox One後継モデル「Scorpio」も?

Neowinは26日(現地時間)、米マイクロソフトが2017年までの発表を予定している2機種の新型「Xbox One」について、新たな情報がリークされたことを伝えています。

131 Xbox One logo

Kotakuが最初に報じ、その後Polygonが独自に情報筋を通じて確認をとったところによると、薄型化を果たした新型Xbox Oneは6月開催予定のE3 2016において発表され、早ければ2016年8月中にも発売される見込みとのことです。

新型Xbox Oneは、現行モデル比で40%ほど小型化されているほか、新たに2TBのストレージを搭載。4K(3840×2160)映像再生にも対応するとされています(※4Kゲームプレイには対応せず)。

一方で、マイクロソフトは、2017年後半に大幅な性能向上を果たしたXbox One後継モデルの投入を計画している模様。「Scorpio(スコーピオ)」という開発コードネームで呼ばれる新型モデルは、米Oculus VRからの協力を得ながら開発が進められており、VRヘッドセット「Oculus Rift」をネイティブにサポートするほか、4Kゲームプレイを実現させる見込みとのことです。

131 New Xbox Ones could be coming soon

また、現行モデル向けタイトルとの完全な互換性を有し、システム全体の浮動小数点演算性能は最大で5.0~6.0TFLOPSにも達する一方で、I/O性能は据え置かれる可能性が指摘されています。

上述の2機種は、マイクロソフトが内部的に「Project Helix」と呼称しているゲーム分野のいちプロジェクトに属する製品。E3 2016においては、小型Xbox Oneのみならず、Xboxブランドの下に、さらに2機種のメディアプレイヤーが発表される見込みとされています(過去記事)。

[KotakuPolygon via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿