サムスン、インドのスマホ市場シェアで首位に ―2016年第1四半期

SamMobileは1日(現地時間)、2016年第1四半期のインドにおけるスマートフォン市場シェアで、韓国サムスンが首位に立ったことが判明したと伝えています。

9 Samsung tops handset market share in India 2016Q1

香港の市場調査会社Counterpoint Technology Market Researchが行った最新の調査結果によると、インド市場におけるスマートフォン出荷台数に基づいた市場シェアにおいてサムスンが28.8%を獲得し、首位の座を射止めたとのことです。

また、タブレットなどを含めたすべての携帯端末出荷台数に基づいた市場シェアに関しても、2位に10%以上の差を付ける24.9%を記録しトップに君臨しました。

なお、この成功の背景には、同社の誇る強力なマーケティング能力に加え、端末デザイン自体の改善に成功したことや、より多くの流通経路を開通することに成功した点などが、大きな要因として存在していることをCounterpoint Technology Market Researchは指摘しています。

サムスンに大きく引き離される形となったMicromaxやIntex、LavaやKarbonnなどのインド企業は、虎視眈々と巻き返しの機会を狙っているものと推察されますが、はたして世界最大のスマートフォン企業相手に、一矢報いることはできるのでしょうか。

[Counterpoint Technology Market Research via SamMobile]

ソーシャルシェア

コメント投稿