Tech Insiderは2日(現地時間)、米アップルのティム・クックCEOが、「iPhone 7」シリーズに関する情報を明らかにしたと報じています。

12 Tim Cook in interview with CNBC

クック氏は今回、CNBCのインタビューに応じる中で、iPhone 7シリーズには “things that you can’t live without, that you just don’t even know you need today(現在は必要ないと思っているものの、生きる上では必要不可欠になるもの)” が実装されることを明言しました。

残念ながらその詳細については語られなかったものの、同氏はインタビューを通じて、次期iPhoneシリーズが、多くのiPhoneユーザーを最新機種に乗り換えさせるだけの魅力を秘めた端末として登場することを強調。 「革新に欠ける」とする最近のアップルに対する世間の評価を、暗に否定する発言をしました。

なお、直近の情報では、iPhone 7シリーズは「iPhone 6s」シリーズと良く似たデザインの端末として登場し、フォームファクタの刷新を含むメジャーモデルチェンジは2017年の「iPhone 8」の登場を待つ必要があるとみられています(過去記事[1][2])。

[Tech Insider via Phone Arena]