サムスン、今年9月中の「Tizen OS 3.0」提供開始を予告 ―SDC 2016

韓国サムスンは28日(現地時間)、27日から28日にかけて開催したSamsung Developers Conference 2016(SDC 2016)において、今年9月に「Tizen OS 3.0」を正式にリリースする予定であることを発表しました。

2 Tizen OS 3.0 coming in September

サムスンによると、Tizen 3.0においては、新たにOSの64-bit化が図られるほか、最新のローレベルグラフィックAPI「Vulkan」および4K(3840×2160)解像度のディスプレイをサポートするとのこと。また、マルチユーザーや音声操作、統合型セキュリティソフトなど、多くの新機能が実装されることも予告されました。

今回、詳細な発表日については明らかにされませんでしたが、9月と言えば世界最大級の家電製品見本市として知られるIFA 2016が開催される月でもありますが、同イベントはTizen 3.0をリリースするタイミングとしてはまさにうってつけと言えるかもしれません。

なお、IFA 2016では、Tizen OS搭載スマートウォッチの最新モデル「Gear S3」や、「Samsung Z」シリーズの次世代モデルの発表なども行われる見込みです。

[Tweakers via SamMobile]

ソーシャルシェア

コメント投稿