MSPoweruserは22日(現地時間)、「Windows 10」および「Windows 10 Mobile」の最小システム要件が変更されたことを伝えています。

81 Windows 10 and 10 Mobile system requirments

米マイクロソフトが提供するソフトウェア開発者向けサポートサービスのMSDN上に更新された情報によると、次期大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update(Redstone 1)」において、Windows 10 Mobileは、最大9.0インチまでのタブレット端末にインストール可能となるように変更されるとのことです。(※従来は8.0インチまで)

同様にWindows 10も、これまでは8.0インチ以上のディスプレイを搭載する端末のみをサポートしていましたが、Redstone 1以降は、7.0インチ以上の端末へと制限が緩和されることも判明しました。

また、Windows 10については、ディスプレイの大きさ以外にも最小システム要件が修正されることとなり、最小RAM容量は従来比2倍の2GBへと変更されたほか、32-bit版の場合は最低16GB、64-bit版を導入する場合には最低20GBの空きストレージが必要となりました。

なお、Windows 10 Anniversary Updateにおいては、Windows 10 Mobileへの指紋認証機能の実装も果たされることも、正式に告知されています(過去記事)。正式な提供開始の日程については発表されていませんが、現時点では7月29日がその最右翼と目されています。

[MSDN via MSPoweruser via Phone Arena]