「Xperia X / X performance」32GBモデル、実際に利用可能な容量は20GBに

Phone Arenaは13日(現地時間)、ソニーの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia X」および「Xperia X Performance」の32GBモデルにおいては、実際にユーザーが利用できるストレージ領域は20GBしか存在しないことが判明したと伝えています。

71 Xperia X

ソニーの公式Webサイト上に公開されているXperia Xシリーズの詳細な仕様によると、32GBモデルの場合、全ストレージ領域のうち12GB分は各種ファームウェアに占有されており(※出荷時点)、実際にユーザーが利用可能な容量は20GB程度でしかないとのことです。

通常、32GBのストレージ容量を持つスマートフォンにおいては、24~25GB程度の領域がユーザーに解放される場合が多いことを踏まえると、少なから “圧迫” されているような印象を覚えます。

一方で、「Xperia XA」の16GBモデルについては、一般的な水準の範囲内に収まる11GBの空き領域が利用可能である模様です。

おそらく、12GB分の領域を占領しているとされるファームウェアの中には、各種ブロートウェア類も含まれているものと推察されますが、それらを削除することで、ある程度のストレージ拡張が可能になることに期待したいところです。

[Sony Mobile US[1][2] via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿