「ZenFone 3」のスペックが判明、Snapdragon 820と4GBのRAMを搭載か

Techlaborは25日(現地時間)、台湾ASUSが近日中に発表する見通しの「ZenFone 3」シリーズのスペック情報が、GFXBenchベンチマークのデータベース上に公開されていたことを伝えています。

117 ZenFone 2

画像は「ZenFone 2」のもの

新たに発見されたデータには、「Asus Z016D」という型番だけが記載されており、ZenFone 3の文字を確認することはできませんでした。

しかしながら、「ZenFone 2」シリーズの型番はすべて「Z」から始まっていることに加え、5月30日にはASUSによる新型ZenFoneシリーズの発表イベント開催が予告されている現状から、この端末が、3種類用意されているZenFone 3シリーズのうちの1機種である可能性は高そうに思われます。

スペックに目を向けると、ディスプレイの項目に記載されている13.8という数字が目に付きます。仮にこれが13.8cmを表しているのだとするならば、5.5インチディスプレイの対角線の長さに近似する値であり、Z016DにはZenFone 2と同じくフルHD(1920×1080)解像度の5.5インチディスプレイが搭載されていることが予想されます。

また、「Snapdragon 820」と4GBのRAM、128GBのストレージに加え、約2300万画素のメインカメラと約800万画素のフロントカメラを採用するなど、非常に高性能な端末として開発されている模様です。

一方で、発表イベントへの招待状やティザー画像には、米インテルのロゴが記載されていることも確認されており(過去記事[1][2])、ZenFone 3シリーズには同社製のプロセッサが搭載されるとも目されていますが、Z016Dには米クアルコム製のSoCが採用されています。あるいは、両社製のチップのどちらも採用されている可能性も考えられ、5月30日の発表は要注目です。

[GFXBench via Techlabor via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿